マタニティマークとのタイアップ広告掲出(都営地下鉄大江戸線)
2021年2月27日
0

ベビー用品の企画販売を手掛ける合同会社やまびこ屋のメインブランド「kerätä(ケラッタ)」は、新生児から使えるベビースリング「u-sling(ユースリング)」とマタニティマークとのタイアップで、都営地下鉄大江戸線の優先席エリアにて広告を掲出いたしました。

 

 

u-slingは、新生児からお使いいただける抱っこ紐として大変ご好評いただいており、年間1万個以上販売する大人気商品です。6通りの抱き方・使い方ができ、赤ちゃんの成長に合わせてお使いいただける上に、簡単にサイズ調整ができるため、ママだけでなくパパとも共有してお使いいただけるのも人気の理由です。

今、コロナ禍で不安を抱えながらも、子育てに励むママ、パパやプレママ、プレパパに認知を広め、ぜひu-slingをお使い頂きたい、赤ちゃんとのかけがえのない抱っこの時間を、より快適に過ごしていただきたいという想いから、この度のマタニティマークとのタイアップを行いました。

 

マタニティマークとは

厚生労働省が発表した、妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするためのマークです。妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。そのため厚労省は、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。

当社といたしましても、このマタニティマークの普及に取り組んで参ります。
ぜひあなたの住む街や電車、バスなどでこのマタニティマークを付けた妊産婦さんを見かけた際には、席を譲ったり、「お手伝いしましょうか?」と声をかけるなど、思いやりのある気づかいをお願いいたします。

 

【掲出期間】
2021年2月27日~2022年2月26日

【掲出箇所】
都営地下鉄大江戸線 優先席エリア(1編成)

【本リリースに関するお問い合わせ】
合同会社やまびこ屋
info@yamabikoya.com